2005年12月18日

中韓と連携したソフト開発が九州を拠点に

韓国資本が入ったソフト会社、三神ソフトが、本社を東京から福岡市早良区へ。20人スタッフ。

ソラン九州は、宮崎県佐土原町に、中韓などのベンチャーを迎えて提携する拠点となる研究所を設立。福岡での設立も検討中。
posted by evergreen at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 このエントリーを含むはてなブックマーク
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。